ファーストチョイスのパッケージの原材料一覧にある「亜麻仁」がどのようなものか、詳しくご存知の方は、そう多くはないかもしれません。亜麻仁は「あまに」と読み、「仁」は種子という意味があります。つまり、亜麻という植物の種のことです。外見はちょうどゴマに似ている粒です。

亜麻仁

太古から人類に関わっていた亜麻仁

亜麻とは、比較的寒い地域に生育する一年草の植物です。種が石器時代の遺跡からも発見されており、太古の時代から人類によって利用されてきたことが分かっています。種は食用としたり油を絞ったり、茎の繊維から布を織ったりなど、人類にとってはとても貴重な植物で、人類最古の栽培植物の一つだったともいわれています。特に種については、古代ギリシャ時代の医者ヒポクラテスが「健康をもたらすもの」として推奨していたといわれています。
現在では、亜麻は世界中で栽培されていますが、なかでもファーストチョイスが生まれた国、カナダが最大の生産地です。

毛並みつやつや「αリノレン酸」

ファーストチョイスは、この亜麻仁を全製品に配合しています。亜麻仁は、体内で作ることのできないオメガ3脂肪酸である「αリノレン酸」が豊富に含まれているからです。
亜麻仁にはゴマの160倍以上のαリノレン酸が含まれているので、オメガ3脂肪酸源としてとても優れています。オメガ6脂肪酸もオメガ3脂肪酸も大変重要な脂肪酸ですが、健康な皮膚や艶のある毛並みを維持するためには、その比率が重要とされています。犬や猫の場合にはオメガ3脂肪酸がオメガ6脂肪酸の1割以上摂取することが理想といわれています。亜麻仁を配合することにより、ファーストチョイスの必須脂肪酸の構成比は、鶏脂などに由来するオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の比率が、おおよそ10:1となっています。

理想のバランス

さらに注目の成分も!

亜麻仁には、それ以外にも有用な成分が含まれています。一つは食物繊維です。ゴマの約2倍にあたる食物繊維を含み、なおかつ水溶性、難消化性繊維のバランスがとてもいいのです。
もうひとつ、亜麻仁に含まれる有用成分は「リグナン」です。リグナンはポリフェノールの一種で、ゴマに含まれる健康成分セサミンもリグナンの一種ですが、亜麻仁に含まれるリグナンはゴマよりも多く、植物の中ではその含有量はトップクラスなのです。遠く古代ギリシャの時代からヒポクラテスが勧めていただけの価値はありそうです。